2017/9/1から地下鉄さっぽろ駅の乗換方法が変更に!乗り方次第で損する場合も

平成29年9月1日より、地下鉄さっぽろ駅南北線東豊線を繋ぐ柵が撤去されることになりました。
これにより、さっぽろ駅での地下鉄の乗換方法が変更になります。


今回は、乗換の方法とそのメリット・デメリットについてまとめました。

札幌市営地下鉄の基礎知識と「柵」については以前の記事を読んでね。

新しい地下鉄の乗換方法

従来の方法

さっぽろ駅・大通駅共に改札を通らずに乗換路線まで移動します。
(改札を通るのは乗るときと降りるときだけ)

新しい方法

大通駅は従来通り。
さっぽろ駅で乗り換える際は、乗換の際に改札を通る必要があります。

ICカード利用の場合

そのまま通常の改札を通り、30分以内に乗換路線の改札を通ります。

切符利用の場合

黄色の乗換用改札を通り、出てきた切符で30分以内に乗換路線の改札を通ります。


メリットとデメリット

柵の有無自体に関するメリットとデメリットについては、以前の記事を参照してください。
ここでは、乗換方法の変更によるメリットとデメリットのみを紹介します。

メリット

さっぽろ駅での乗換の際に一度外に出ることが出来るので、30分以内に改札を通れるなら、軽い用事などこなすことが可能になります。

デメリット

その1

30分以内に改札を通らないと、乗換が適用されません。

例えば豊水すすきの⇔北12条をさっぽろ駅経由で乗換する場合。

30分以内に改札を通れば1区の料金200円で乗れます。
しかし30分を超えた場合は、豊水すすきの→さっぽろ、さっぽろ→北12条と乗ったと判断され、400円かかってしまいます。

その2

栄町⇔大通⇔麻生、福住⇔さっぽろ⇔宮の沢のように、あえて遠い駅を経由する事ができなくなりました。

このような乗り方をした場合は、それぞれ乗換駅で降りたと判断されます。
これは大通経由でも同じです。

改札を出た形跡の有無でどちらで乗り換えたかを判断されます。
(有→さっぽろ、無→大通)

コンビニに寄りたい・立ち食いそばを食べたい・坂道を避けたい人も、大通での乗換が遠回りになる場合は十分気をつけてください。

これまで、敢えて遠回りしてさっぽろを利用していた人は多分いないと思いますが、上のメリットを読んで利用しようと思った方も、お気をつけください。

まとめ


通常通りに使うのなら、改札を余計に出るだけの話なのですが、ちょっと変わった乗り方をする場合は、しっかり確認しましょう。

特にICカードを利用していると、多く引かれてしまっても気付きにくいものです。
新しい地下鉄を正しく便利に利用しましょう。