2017/9/1から地下鉄さっぽろ駅の乗換方法が変更に!乗り方次第で損する場合も

平成29年9月1日より、地下鉄さっぽろ駅南北線東豊線を繋ぐ柵が撤去されることになりました。
これにより、さっぽろ駅での地下鉄の乗換方法が変更になります。


今回は、乗換の方法とそのメリット・デメリットについてまとめました。

札幌市営地下鉄の基礎知識と「柵」については以前の記事を読んでね。

新しい地下鉄の乗換方法

従来の方法

さっぽろ駅・大通駅共に改札を通らずに乗換路線まで移動します。
(改札を通るのは乗るときと降りるときだけ)

新しい方法

大通駅は従来通り。
さっぽろ駅で乗り換える際は、乗換の際に改札を通る必要があります。

ICカード利用の場合

そのまま通常の改札を通り、30分以内に乗換路線の改札を通ります。

切符利用の場合

黄色の乗換用改札を通り、出てきた切符で30分以内に乗換路線の改札を通ります。


メリットとデメリット

柵の有無自体に関するメリットとデメリットについては、以前の記事を参照してください。
ここでは、乗換方法の変更によるメリットとデメリットのみを紹介します。

メリット

さっぽろ駅での乗換の際に一度外に出ることが出来るので、30分以内に改札を通れるなら、軽い用事などこなすことが可能になります。

デメリット

その1

30分以内に改札を通らないと、乗換が適用されません。

例えば豊水すすきの⇔北12条をさっぽろ駅経由で乗換する場合。

30分以内に改札を通れば1区の料金200円で乗れます。
しかし30分を超えた場合は、豊水すすきの→さっぽろ、さっぽろ→北12条と乗ったと判断され、400円かかってしまいます。

その2

栄町⇔大通⇔麻生、福住⇔さっぽろ⇔宮の沢のように、あえて遠い駅を経由する事ができなくなりました。

このような乗り方をした場合は、それぞれ乗換駅で降りたと判断されます。
これは大通経由でも同じです。

改札を出た形跡の有無でどちらで乗り換えたかを判断されます。
(有→さっぽろ、無→大通)

コンビニに寄りたい・立ち食いそばを食べたい・坂道を避けたい人も、大通での乗換が遠回りになる場合は十分気をつけてください。

これまで、敢えて遠回りしてさっぽろを利用していた人は多分いないと思いますが、上のメリットを読んで利用しようと思った方も、お気をつけください。

まとめ


通常通りに使うのなら、改札を余計に出るだけの話なのですが、ちょっと変わった乗り方をする場合は、しっかり確認しましょう。

特にICカードを利用していると、多く引かれてしまっても気付きにくいものです。
新しい地下鉄を正しく便利に利用しましょう。

2017/9/1からさっぽろ駅の柵が撤去されるよ!で、柵って何?

ふだん地下鉄さっぽろ駅を利用する方なら、南北線東豊線を結ぶ為の「柵」を見たことがあると思います。

そう、あの邪魔くさい柵です。
このたび、ついに撤去されることに決まりました!


不便だった駅の南北の移動が非常に楽になります。

それに伴い、乗換方法が変更になります。
乗り方によっては損する可能性も出てきました。


今回は札幌の地下鉄の基礎知識と、「柵」とは何か、なぜ邪魔だったのかについてまとめました。



事前知識:札幌市の地下鉄の路線と乗換方法


※札幌の地下鉄に詳しい方は読み飛ばしてください。


札幌駅には大きく2つの顔があります。
「JR札幌駅」と、「札幌市営地下鉄さっぽろ駅」です。


この二駅は建物が繋がってます。
JRと区別をつけるために、地下鉄はひらがな表記になっています。


今回の舞台となるのは「札幌市営地下鉄さっぽろ駅」の方です。
以下さっぽろ駅とします。


札幌市の地下鉄は3路線あります。
南北線東西線東豊線です。

独立した路線はなく、どこから乗ってもどこへでも乗り換えることができます。

2017年6月現在各ホームは改札内で繋がっており、改札を出る必要はありません。


各路線の乗換は、かっこで囲った駅で行います。

東豊線】栄町―[さっぽろ―大通]―福住

南北線】麻生―[さっぽろ―大通]―真駒内

東西線】宮の沢―[大通]―新さっぽろ

さっぽろ駅には、南北線東豊線が乗り入れているのがわかるかと思います。
さっぽろ駅と大通駅は隣同士の駅です。
上で述べたように、乗換時には改札を通りません。
南北線東豊線の乗換であれば、どちらの駅で乗り換えても、実質運賃は変わらないことになります。


さっぽろ駅の「柵」とは?何が邪魔なの?

ようやく本題、今回撤去される柵についてです。


「柵」は連絡通路柵のことです。
さっぽろ駅南北線東豊線を結ぶ為に、歩行者と乗換客を分ける目的で設置されています。

私たちはこの柵のおかげで、改札を通らずに乗換をすることができるのです。


「じゃあ無いと困るじゃん!何が邪魔なの?」

なんて声が聞こえてきそうですね。
実はこの柵、かねてから問題児だったのです。

南北線東豊線はさっぽろ~(豊水)すすきのまで、並行して南北に走っています。
路線と路線の間隔は、250mくらいでしょうか。

南北線東豊線を乗り換えるということは、単純に考えると東西に250m移動するということ。

さっぽろ駅の柵は、一般の歩行者も利用している通路の真ん中を、長々と東西に伸びています。

そして東西に伸びた柵は、さっぽろ駅の南北の人の流れを思いっきりぶった切っているのです!

実際に歩くつもりになりましょう

では、具体的にどう邪魔しているのでしょうか。
具体的なケースを用意してみました。

東急百貨店に行きたい

あなたはさっぽろ駅南北線・北側の改札手前にいます。
駅前の東急百貨店に行きたいと思っています。

東急百貨店がさっぽろ駅東豊線側向かい(ここから見て東)にあることと、
駅と建物は違うが、地下のどこかで繋がっているということはわかっています。

なのできっと、南北線付近から行くのなら、東豊線の案内に沿って歩けば入口があると考えました。

南北線改札の左右には道が伸びています。
改札のすぐ向こうには地下鉄への下り階段があります。

なので、あなたは左右の道は階段の裏側で繋がっているのだと思いました。

ちなみに向こうには地下歩行空間があります。

東豊線の案内に従って改札左側の道を進むと、目の前に道が続いているのに柵によって行けなくなっています。

柵は東に向かって二本伸び、広い通路を3分割しています。
必然的に左に曲がることになりますが、東急百貨店の方向と同じなので、あなたは疑問を抱きながらもその道を進みます。


どこま続くかわからない何もない通路の左側を、
ずっとまっすぐ進むあなた。

ふと柵の対岸を見ると、なんと、大きな東急百貨店の入り口をみつけました!
しかし前も後ろも果てしなく続く柵。
向こう側に行く方法がわからず、あなたは途方に暮れてしまいました。

まとめ

さっぽろ駅の柵が乗換の利便性に貢献している反面、
非常に通行の邪魔になっていることが、少しは伝わったでしょうか?

一度間違えてしまうと、気付くまで、そして気付いてから道を修正できるまで
時間がかかってしまうこの道。

少し寂しい気もしますが、今後さっぽろ駅の利便性は向上することでしょう。


次回は、新しい乗換システムとそのメリット・デメリットについてです。

さとらんどのバーベキューハウスはちょいゆるで楽しいよ

先日、お腹の出た彼氏・ぽんたろうとさとらんどまで歩いてきました。
お目当てはバーベキューハウスのジンギスカン
もちろんビールのために歩きます!

 

続きを読む